口臭対策で大切なのは元を絶つこと

口臭のない爽やかな息はエチケットの基本

東京地区場所

社会人になって、特に人の前に立つことの多いお仕事をさせてもらうようになってから、

 

私が普段からすごく気を配っていて、欠かせないのが口臭対策です。

 

自分では気づかないし、それでいてなかなか他人が教えてくれない事柄だからです。

 

 

口臭は、特に周囲の方々を不快にしますよね。

 

特に女性の場合だと、男性よりも厳しい目で見られがちです。

 

 

そう思いませんか?

 

まだ、男中心の社会だからでしょうか?

 

お仕事で成功するにも、恋愛で素敵な男性と結ばれるにも、女性にとって口臭は大敵と思います。

 

いくら綺麗であっても、口臭があると、世の男性の多くからは、きっとそっぽを向かれてしまうことでしょう。

 

 

私の場合は、塾の講師をやらせてもらっていますので、生徒に至近距離で語りかけることも多くて、特に気を遣います。

 

もしも生徒たちに、口臭が原因で嫌われたら大変なのですよ。

 

生徒に授業を選ばれなければ、私の死活問題にもなるんです。

 

 

特に、嫌われる=生徒数=解雇

 

という図式です。

 

生徒たちが辞めてしまったら、と思うと、普段から身だしなみやエチケットだって、本当に気を配らなければなりません。

 

でも、社会人だったらそれは皆同じかもしえれませんね。

 

 

そこで、普段から私が気を付けている口臭対策を、これからご紹介していきますね。

 

少しでも多くの人たちに、ご参考になれば幸いです。

 

そして、もっともっといい方法があったら、私にも教えてくださいませ。

 

よろしくお願いしまず。

 


歯磨きだけで安心したらアウトなの!!

口臭対策

歯磨きは、食べかすを取り除き、歯茎の健康を維持し、歯を守るために欠かすことのできない行為です。

 

そして、歯磨きは、口臭予防のためにも最低限行うべき行為の一つですよね。

 

それはだれも異論はないと思います。

 

でも、これだけじゃまったく足りないんです。

 

 

まず、食後や就寝前の歯磨きです。

 

歯磨きと言ったら、口臭対策の最低限の行為ですけれど。

 

磨き方についても、きちんとやっている方は、本当に少ないように思えてなりません。

 

磨き方については、別のページに譲るとして、

 

ここでは、その先の問題にうつりますね。

 

 

 

例えば、磨き方が正しかったとしてもです。

 

それであっても、歯磨きだけでは、口臭を完全に取り除くことは難しいのです。

 

 

特に、虫歯のある場合や歯周病のある場合は、

 

いくら歯磨きをしても、すぐに次々と臭いニオイが口中に発生してきます。

 

だから、ちょっと口の中が乾いてくれば、もう嫌なニオイの口臭が発生してくるのです。

 

 

 

 

だから、毎食後の歯磨きをしているから大丈夫だなんてことは、絶対にありません。

 

 

食後の一日3回の歯磨きと、就寝前の歯磨きをしていても、口臭対策は不十分なのです。

 

 

 

では、どうしたらよいと思いますか?

 

 

私が歯磨き以外に取り組んでいることを次に、ご紹介しますね。

 


口臭対策/休憩時間ごとにモンダミンでうがい

口臭対策

私は、塾で英語の講師をかけもちでやっています。

 

なので、50分の授業とか90分の授業のあとの少しの休憩時間を利用して、

 

口内の乾燥を防ぐために水分を補給した後には、うがい薬でうがいをしています。

 

 

 

ところで、このうがい薬ですが、これまで色々なメーカーのものを試してきましたけど、

 

落ち着いたのは、次のものでした。

 

使いやすさと香り、口に入れた時の味を考えると、一番気に入っているのは、

 

アース製薬のモンダミン(ペパーミント)です。

 

 

 

このモンダミン、街の薬局でもすぐに購入できるし、通販でも安価に入手できて大変手軽です。

 

それでいて、効果はバッチリなんです。

 

特に、このモンダミンの中でも、液体が緑色のペパーミントが私のおススメです。

 

口臭対策

 

私は、これを一日のうちで7〜8回は使用しています。

 

 

 

 

口臭対策でのモンダミンの効果的な使い方は?

 

使い方は、簡単。

 

ボトルのキャップにほんの少量(私の場合は4分の1ぐらい)をとって、

 

口臭対策

 

 

それをそのままお口の中へ流し込んで10秒〜15秒ぐらいうがいをするだけです。

 

 

ただし、メーカーがすすめている適量は、キャップに約半分(20ml)で、20秒〜30秒と容器に書かれています。

 

口臭対策

 

でも、私の経験では、モンダミンの量はキャプの4分の1、うがい時間は10秒〜15秒ぐらいで、十分に効果を得られます。

 

うがい後は、お口の中がすっごく爽やかで、吐き出す息も爽快そのものなんです。

 

しかもすごく少量で済むのですから、経済的ですよね、それもおススメの理由の一つなのです。

 

 

 

私は、職員室の事務机の一番下の引き出しに、この大きなボトルをそのまま入れているのですが、

 

出張などの外出時には、別の小さな容器に入れて、持ち歩いて使用しています。

 

透明な容器でなければ、他人から中身が見えないので、洗面所などで他人からうがいしていることが知られないで済みます。

 

 

モンダミンの利点をまとめると・・・

  1. 原液のまま使える。
  2. ごく少量でよい(キャップ4ぶんの1程度)。
  3. 短時間で良い(10秒〜15秒ぐらい)。
  4. あらためて水でうがいする必要なし。
  5. 味と香りが爽やか。

 

 

ある別のメーカーのうがい液では、そうはいきません。

 

殺菌消毒の効果はあるのでしょうけれど、にがい嫌な味とニオイが口の中に残ってしまって、うがいが終わった後に、もう一度水でうがいしなければならないものもあるのです。

 

 

 

それを考えると、このモンダミンのペパーミントは、本当に素晴らしいと思います。


歯磨きとモンダミン/それだけでは取れないしつこい口臭

口臭対策

歯磨きをして、さらにうがい液で、一定間隔でうがいをしていても、口臭はすぐに発生してくることの方が多いです。

 

 

しつこい口臭の源は、何でしょう?

 

私の経験では、口臭の源泉は、虫歯、歯周病、歯垢等々がほとんどでした。

 

これは、歯科医にかからなければ改善できない問題なのですね。

 

 

でも、これを治さないと、

 

口臭の直接的な元を絶つことができません。

 

いい香りのサプリをお口の中に入れて、でごまかしたって、それは一時的です。

 

24時間サプリを口の中に入れておくわけにはいきませんものね。

 

 

 

虫歯や歯周病の他に、歯と歯茎の間にたまった歯垢も強烈なニオイの原因になります。

 

そのような原因を持つ人のそばにいると、たとえ後ろ側にいたとしても、嫌なニオイが周囲に漂ってくるのです。

 

ですから、狭いお部屋だと、その人が呼吸をしているだけで、お部屋全体が不愉快な思いをしなければならなくなるのです。

 

このような経験は、だれでもお持ちだと思います。

 

何とも言えない嫌なニオイです。

 

自分が、その原因をまき散らしている本人だったとしたら、本当に恐ろしいことですよね。

 

しかも、それが自分では気が付きにくいのですから・・・。

 

 

 

特に、歯茎の浅い部分に蓄積された歯垢ならば、

 

比較的に短期間で、除去してもらえますが、

 

歯茎の深い部分に蓄積された歯垢は、しつこい口臭の原因にもなるし、

 

短期間の通院では、除去してもらうこともできません。

 

評判の良い歯科医に通っても、2〜3か月ほどかかります。

 

でも、これをきちんと除去しておかないと、口臭は絶対に消すことができないのです。

 

 

私の場合は、歯茎の浅い部分の歯垢は半年ぐらいごとに、取り除いてもらっていました。

 

だから、自分では安心しきっていたのです。

 

 

ところが・・・

 

ある時、塾の生徒にはっきりと言われてしまいました。

 

 

「先生の息、クサイです。何とかしてください!!」

 

もう私、恥ずかしくて言葉が出てきませんでした。

 

そして、思わず赤面してしまいました。

 

 

特に、年頃の男の子に言われたのには、さらにショックでした。

 

 

自分では、最善の配慮をしているつもりだったのにです。

 

本当に恥ずかしかったです。

 

 

 

そのことがあってから、これまでのことを思い返してみると、

 

私が近くで話すと、自分の口に手を当てる人が結構いたのを思い出しました。

 

あれって、私の口臭のせいだったのかしら?

 

と、考えると本当に残念でなりませんでした。

 

 

 

これには、本当にショッキングな出来事でしたけれど、もう後の祭りです。

 

 

 

そこで、歯磨き後に歯間ブラシや糸ようじで歯間をそうじすると、

 

歯磨き直後だというのに、左上の奥歯の間に歯間ブラシを入れた時です。

 

お口から出した後に、その糸ようじのニオイを嗅いでみると、なんと卵が腐ったような嫌なニオイ。

 

この糸ようじについているのです。

 

歯磨きした直後だというのにです。

 

しばらくの間、同じように試してみたのですが、結果はいつも同じでした。

 

 

歯磨きもきちんとやって、歯間ブラシと糸ようじも併用し、さらに、一日のうち数回ものモンダミンでのうがいをしていたにもかかわらずです。

 

改善方法が、素人の私には、全く分かりませんでした。

 

 

それで、歯科医に診ていただいて、初めて分かったのです。

 

 

しつこい口臭の原因は、歯茎の深い部分の歯垢

 

そこで、以前からかかりつけだった歯科医に診ていただきました。

 

 

そしたら、先生曰く、

 

「〇〇さんの場合は、歯茎の歯周ポケットの深い部分は4ミリもありますね。ここにも歯垢がびっしり溜まってます。これを除去すれば、かなり改善すると思いますよ。どうしますか?」と。

 

 

つまり、歯科医は、しつこい口臭の原因は、歯周ポケットといわれる歯茎の深いところにたまった歯垢が原因だろうと推察したのです。

 

 

 

私の場合は、一番深いところで歯茎の深さ4ミリ程度のところまで、歯垢が溜まっているというのです。

 

これにも驚きました。

 

今まで、歯をよく磨いているつもりになって歯茎の方をおろそかにしていたからでした。

 

 

そんな深いところまでに歯垢が溜まっていたなんて、と思いながらも。

 

歯科治療は、怖いけれど、勇気を出して、全部取り除いてもらうことにしたのです。

 

 

 


歯垢の除去は、口臭対策で絶対に必要なこと

口臭対策

歯医者さんは、コワいと誰もが思うけれど・・・勇気を出して!!

 

ただ、歯科医でこれを綺麗に取り除いてもらうには、少し勇気がいります。

 

 

 

歯茎の深いところまで、細いドリルのような金具や細い鎌みたいな金具をいれて歯垢を掻き出すのですから、治療を受ける前からにかなりの恐怖をおぼえてしまうのです。

 

 

最初は、その恐怖感で、ためらってしまっていた私です(私だって女ですから)。

 

でも、しつこい口臭を何とかしたいという気持ちが勝りました。

 

勇気を出して、治療していただくことにしたのです。

 

そんなわけで、私の場合は、最初から麻酔を使って行ってくださいと、歯科医にお願いをしました。

 

 

通うこと2か月余、合計8回に分けて、すべて取り除いてもらいました。

 

 

その後は、歯磨きの後の糸ようじをかけても、

 

そこにイヤなニオイがそこについてくることは一切ありませんでした。

 

これで、仕上げにモンダミンで、うがいすれば完璧です。

 

本当に、すっきりしました。

 

塾のお仕事でも、生徒と至近距離で話していても、まったく嫌な顔をされることもなくなりました。

 

 

これで、仕事中の休憩時間はうがいだけで、十分に効果が上がるようになったのです。


体の中から出てくる口臭の元になるニオイを絶つには?

口臭対策

虫歯や歯周病などのない健康な歯と定期的な殺菌うがい、これでほぼ完ぺきなのですが、

 

それでも、体全体から漂うニオイが影響している場合もあります。

 

 

私の場合は、体質的にワキガなので、口腔内の健康だけでは、どうにもならない悩みもあったんです。

 

先天的なものなので、宿命と言えばそれまでなのですが、

 

生んでくれた親を怨むこともできません。

 

 

それでは、どうする?

 

と考えた私。

 

 

体の奥から出てくるニオイはどうするの?

 

口腔内の口臭原因を取り除いても、取れない体全体から漂う嫌なニオイの原因。

 

それを何とかしたいと試し続けた私のたどり着いたものは、これでした。

 

 

これは、口臭だけというよりも、体全体から漂うニオイに対してです。

 

そのひとがいるだけで、漂う嫌なニオイです。

 

要するに一言でいうと、体臭という言葉でくくれます。

 

 

やっぱり女性は、仕事でも、恋愛でも成就したければ、このニオイをなんとかしておいた方が有利ですよね。

 

 

私は、自分のニオイの最終的な問題に、いろいろなものを試してきました。

 

 

 

それで、現在は、ようやくひと段落しました。

 

気になる口臭・体臭をほぼ満足できるぐらいまで根絶できたんじゃないかな、と思っています。

 

 

次に、それをご紹介しますね。

 


口臭対策、私が選んだものは?/デオラボハーバルスタンダードとローズドレス

口臭対策

私、職業柄どうしても相手の方と、至近距離で話さなければならないので、

 

どうしても口臭や体臭には、特に敏感に反応してしまいます。

 

だから、お口の方だけ気を付けていても、体の中からでてくるニオイを何とかしないといけないって・・・、

 

やっぱり思います。

 

 

体の中から、口臭を絶つものは?

 

 

それで、色々試してみて、今のところベストだと考えているものが、2つあります。

 

その一つがこれです。
     ↓
デオラボハーバルスタンダードという飲むデオドラントです。

 

これは、カプセル式の飲むサプリメントです。

 

一日1錠が目安ですが、最初のうちは2錠ずつ飲んで、効果を確認してきました。

 

口臭対策

 

 

そしたら、食前に飲んで一時間ぐらいした時から、お腹の方からすっーとした空気が流れてきたような気持になるんです。

 

驚いてしまいました。

 

しかも、飲み続けるとお口だけじゃなくて、体から出てくる体臭まで目立たなくなったように思えました。

 

こんなに効果が実感できるとは、期待以上の成果でした。

 

 

普段は、こちらの方を、1日1カプセルです。

 

食前なのか、それとも食後なのか、あるいは食間なのか、どれが一番効果的なのか、書いてあるものによって違うので、

 

「いったい、いつ飲むのが一番効果的なのですか?」

 

と、このデオラボのカスタマーセンターに電話で聞いてみました。

 

そしたら、特に決まっていないということでした。

 

ですから、私は、朝食後、お腹が少し落ち着いてから飲んでいます。

 

私の場合は、食前に飲んだときよりも、食後、少し時間をおいてからの方が、効いているなという実感があったからです。

 

 

 

そして、もう一つが、これです。
           ↓

口臭対策

 

 

ローズドレスというもの。

 

これは、デオラボハーバルスタンダードでは、物足りないと感じる方にはぴったりです。

 

 

 

お口の中から、バラの香りが漂ってくるのが自分でも実感できるのです。

 

自分の吐く息にバラの香りがついてくるのです。

 

こちらは、カプセルではなくて、錠剤です。

 

1日2錠が目安になります。

 

バラの香りが実感できる分、口臭や体臭がより気になる方には、おススメです。

 

また、歯周病や歯垢除去の治療中の方にもおススメです。

 

私の場合は、デートのときやジムで運動をして多くの汗をかきそうな日などは、こちらを飲むようにしています。

 

飲む時間帯ですが、私的には、食前とか、食後よりも、お仕事が始まる前が一番効果的です。

 

 

 

塾では、教え子の女の子から、

 

「先生の息、いい匂いがする!どうしてですか?」

 

なんて言われたこともあります。

 

子どもは、正直だからすぐに反応してくれるのですよね。

 

そのおかげで、すぐに効果を確認できるので私のポジションって恵まれてます。

 

それでも、私は、お仕事の休憩時間には、できるだけコーヒーは、飲まないようにしています。

 

なぜかというと、コーヒーは香りが強くて、せっかくのローズドレスの香りもかき消されてしまうからです。

 

ですから、私はお水です。

 

そして、モンダミンでうがいです。

 

これで、今のところ完璧と私的には、感じています。

 

 

 

ただし、このローズドレス、合成香料も使用されていますので気になる方は、スルーしてくださいね。

 

 

 

とにかく、これら飲むサプリについては、私、これまでに色々試してきましたので、また別のページでも詳しくご紹介したいとも思ってます。

 

 

 

尚、体臭については飲む錠剤だけでなく、スプレータイプのデオドラントと併用をしています。

 

そのことについても、自分の体験を今後ご紹介していきますね。

 

 

現在のところ、私はこれらの口臭対策でとても満足しています。

 

なので、しばらくこれらを継続していきたいと思います。

 

 

でも、さらに良い方法が見つかったら、どんどん更新してご紹介させていただきます。

 

 

 

以上ですが、私の口臭根絶記、ご参考になりましたでしょうか。

 

お役に立てれば幸いです。

 


更新履歴
page top
inserted by FC2 system